ブログ 結婚の意味

理想の人を追い求める婚活が行き詰まるのはなぜか

なぜ、欧米を中心に制度としての結婚が死につつあるのか

「フランスでは婚外子のほうが増えているっていいますよね。下川さん、籍は必ず入れなきゃいけないんですか」

年に何回かこの手のお問い合わせをいただく。お問い合わせくださった方は、たいてい結婚歴がありお子さんがもう成人している人がほとんどだ。

50代から、60代からの人生を考えた時に、「一人は嫌だな。信仰のパートナーがいたらいいなぁ。でも子どもたちがうるさいだろうな」と考えたうえでの苦肉の策だ。中には、まだ籍が入ったままの人もいたりする。

「もう事実上は離婚しているのと同じなんですが、主人がね、別れてくれなくて。でもパートナーが欲しくて」

最初はこんな電話にぎょっとしたけれども、最近はもう驚かない。

 

私が一律にお答えしているのは、「入籍は必須です」ということ。

杓子定規に答える私の姿に落胆し、人によっては怒り、罵倒し去っていく。

こうして、会員さんの年齢がやはり結婚歴がない人の割合が多い20代から30代にバッと集中してしまうこととなる。若い結婚相談所でいいなと言われることも多い。でも私としてはもっと自分よりも上の世代(私は今年40歳)をフォローできるな無いかといつも祈っている。

話題を元に戻す。

なぜ、欧米では制度としての結婚は死につつあるのか。ここでいう制度とは婚姻届の提出と受理を指す。

それは、欧米が牽引してきた思想にかなり影響していることが書籍を読んでわかってきた。

 

まず前提をはっきりさせよう。愛することが出来なければ結婚は不可能。

婚活だから条件に見合った人と機械的に結婚するとかそんなことはない。

婚活での結婚は、政略結婚でも強制結婚でもない。条件で出会う人や結婚する人を選ぶにすぎない。嫌だったら結婚する義務も必要もない。

で、ここでまたあの言葉が蘇ってくる。

 

人間というのは、間違いを犯す。それに相手の意にそぐわないことをして嫌な思いをさせることもあるし、することもある。問題によっては一気に「もうこの人嫌だ!」と思いつめてしまうこともある。

ただ愛し合っている二人が一緒にいるだけが結婚なら、一生添い遂げるカップルはほとんどいなくなってしまうだろう。嫌だという一時的な感情ですら離婚原因にできるなら、なおさらだ。(DV、モラハラ、パワハラ、不倫など違法性の高いものではなくて)

婚姻制度(入籍)というのは、婚姻したときに「この人と添い遂げます」といった過去の決断について一生責任を持ち続けることなのだ。

つまり、愛の中でも決断する愛ということができる。

そう、愛というものには決断が必要なのだ。

そこで、ギブアンドテイクとコスパの世の中にまみれた私たちは、

「決断するんだから、お得な人と結婚したいわね」と欲の目で相手を見る。

 

婚活条件がいつまでもこの世のものにまみれているひとは、頭がよい。

世の中うまくやっていく、親も喜ばせておいて、生活もがっつり周りから見たら羨ましい状態にできたらウハウハ〜と考えてします。

でも、これって決断って言えるだろうか。単にコスパ求めて、動いているだけで愛情のかけらもない行為といえないだろうか。まさに現代病なのだ。

では、決断する愛ってどういうものなのか。書籍によるとやはり答えはあの結婚式でよく読まれる定番のエペソびとへの手紙から引用がされていた

 

 

決断する愛が続く秘訣は、相手が受け取りやすい愛を流すこと

夫婦が互いに異性として受け入れあい、学び、成長しあう場所が結婚である

異性としてというところが味噌。そもそも違う。違うものを受け入れろというのである。その違うものの中には、譲れないものが含まれるかもしれない。でも譲れとは言っていない。受け入れろということなのだ。

そして、エペソ人への手紙が紹介されている。夫を敬いなさい、妻を愛しなさいのところである。夫は愛さなくていいわけでもない、妻を敬うなと言っているわけでもない。

一番受け取りやすい愛情表現がこれだと言っているのである。

敬える人だけ敬う、愛せる人だけ愛する、私は自由だから〜♪は決断ではない。婚活の姿勢が♪になっている人はたくさんいる。自由意思を神様がくれたのは、自分がやりたいようにやるためじゃない。

敬うトライ、愛するトライをすること。これが結婚の練習だし、それが出来るのが婚活なのだ。

 

結婚相談所にご入会をご検討されている方へ

ご入会申し込みはこちらから

無料カウンセリング受付フォームです。 必要事項をご記入の上、送信ください。ケータイ、スマホのアドレスをご利用のお客様は、PC受信設定をお願い致します。自動配信メールが届きます。もし、自動配信メールが届いていないお客様がおりましたら、弊社までお問い合わせください。
都道府県
性別
ご職業
お仕事がお休みの日
不定期を選ばれた方は土日祝日に休みはとれますか
たばこは吸いますか
結婚経験の有無
お子さんはいらっしゃいますか
礼拝に通う頻度(クリスチャン限定なのでご了承ください)

 

-ブログ, 結婚の意味